ウォーターサーバーの水でなくては危険なのか

バナー

ウォーターサーバーの水でなくては危険なのか

ウォーターサーバーの水は非常に安全性に優れているということがよく知られており、だからこそ多くの人に使用されるようになっています。

ただここで勘違いしてはならないのが「ウォーターサーバー以外の水は危険だ」ということです。特に最近では水道水に対して不純物が多い、健康上問題のある物質が入っているといったようなことからウォーターサーバーを売りこんでいる業者もいるのですが、実際のところこういった言い方をする業者はあまり信用できません。



と言うのも、現代の日本の水道水というのは世界的に見ても非常に安全なものなのです。

WHOが定める基準よりも厳しい基準によって管理されている日本の水道水を飲んで問題が起きると言うことは考えづらく、一応災害発生時に水道管が破損して問題が生じると言うことはあり得ますが、平時において水道水に問題が起きるということはあまり無いのです。



であるにもかかわらず水道水が危険だと述べるのは、いたずらに消費者の不安を煽っているか、本来事業者が知っているべき当然のことを知らないで売っているかのどちらかです。



どちらにしても取引の際に信用するべきでは無い相手となりますから、こういったことを言ってくる業者は最初から選択肢から外すようにしてください。
ただRO水というウォーターサーバー特有の水であれば不純物が一切入っていないということで安全性に優れているとは言えますから、もし「絶対に飲み水は安全でなくてはならない」という確固たる意思があるのならば、ウォーターサーバーと契約すると良いでしょう。


Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーの水でなくては危険なのか All Rights Reserved.