一般家庭での普及の進むウォーターサーバー

バナー

一般家庭での普及の進むウォーターサーバー

一般家庭でのウォーターサーバーの普及が進んでいます。
水道水を飲みたくない人は、蛇口に浄水器をつけるなどの対応もあるかと思いますが、浄水器をつけるよりも、ウォーターサーバーの方が便利な点が多いのです。

この便利な点をいくつか紹介したいと思います。まず、一番目の違いは温度です。

浄水器の場合には、蛇口に取り付けているわけですから、水道水の温度そのままです。

一方でウォーターサーバーは、電源につなぐことで、冷たい水とお湯のどちらもいつでも好きなときに出すことができます。

これでいて、電気代が非常に多くかかるかというとそれほどでもありません。年々省電力化が進んでいますので、今の機種では電気代は安くなってきています。



続いて二番目の違いとしては、天然水であるという点です。



浄水器はやはり水道水です。



しかしながらウォーターサーバーの水は、天然水を用いています。
銘柄によっては富士の湧水を使っており、その透き通ったおいしさは絶品です。
このような天然水はミネラルが豊富であり、お子さんでも安心して飲ませることができます。

しかしながら、ストックする水が必要な点は考慮が必要です。そして、最後の三番目の違いとしては、非常時の水の確保につながる点です。

浄水器は結局水道水となりますので、断水の状況では何もできませんが、ウォーターサーバーでは、その水は電源がなくても使えますし、ストックしてある水などもありますので、非常時の水としての活用が見込めます。
便利なサーバーを使って、おいしい水をお楽しみください。

Copyright (C) 2016 一般家庭での普及の進むウォーターサーバー All Rights Reserved.